日々の情報発信を継続させるための仕組みづくり

この記事に書いてあること

●「継続力がないのは、自分がダメだから」は間違い。大事なのは環境づくりと継続のための戦略

●継続して情報発信している人だけが持つ「ある特徴」

●人間の持つ「習慣の力」を発揮させる

●誰かのための情報発信ではなく、自分のためのアウトプットの場にしてしまおう

継続するためにも戦略が必要!情報発信を続けるための仕組みの作り方

山倉陽平山倉:毎月開催している「動画集客講座」や「コンテンツ配信」のご相談をいただく時に、比較的たくさんある質問が「情報発信が続かない」ということです。

確かにブログや動画をやり続けるのは、なかなか大変な作業だったりします。「ネタがない」「アクセスが集まらないから、モチベーションが上がらない」「効果が感じられない」という理由で、簡単に「よし、毎日(毎週)ブログを書こう」という決意が折れてしまいますよね。

これまでお会いしてきた、集客がうまくいっていたり、ビジネスで成功している先生方は、やはり継続して情報発信をしています。その人たちは「特別な継続力」を持っているかといえば、「そういうわけではない」というのがお会いして感じたこと。

継続して情報発信し続けている人は、続けるための戦略を持っていました!その中の「この方法はいいな!」と感じたものをお伝えしていきます。

 

「自分のコンテンツで救える人がいる!」という高いセルフイメージ

山倉:「自分のコンテンツで、救える人がいるから配信を続けよう!」これは私自身が自分に言い聞かせていることでもあります。情報発信が続かない人の特徴の1つが、「自分に自信がない」ということです。「このブログを書いたところで、何の影響力もない」と考えてしまっては、PCに向かうエネルギーは湧いてこないですよね。

一方で、毎日コンテンツを配信し続けている人を見ていると「高いセルフイメージ」を持っている事がわかります。自分の情報発信を待っている人がいる。この情報で幸せになれる人がいる、ということを自分自身で知っているわけなんです。

そういう自分もいつでも自信満々に動画を配信したり、ブログを書いているわけではありません。「うまく伝わるかな」「読んでいる人に参考になる動画に仕上げられたかな」ということを考えながら、情報発信をしている時もあるのが、正直なところ。

そんな方にオススメなのが、次の方法での情報発信です!

 

「継続力がないから、毎日書く」という非常識な継続法

山倉陽平山倉:この方法を教えてくださったのは「ネット通販の魔術師」の異名をもつネット通販コンサルタントの杉本幸雄先生です。杉本先生は2011年から毎日、1日も欠かさず継続してブログを書き続けています。忙しい時も、体調が悪い日も、お盆も正月もひたすらブログを書き続ける。

さらに2017年5月から1年間ネット通販に関する動画を毎日20時に配信し続けていました。そんな驚異の継続力をお持ちの杉本先生がおっしゃっていたのが、「僕は継続力がないから毎日ブログを書いているんです。」という言葉。

その意図は「1日でも休んでしまうと、面倒になったり、“今日は書かなくていいや”となってしまうから、毎日書くことを習慣にした」ということです。

人間は習慣の生き物。時々やるから面倒になるし、疲れてしまう。毎日の習慣にしてしまえば、それほど苦しくなく続けられるという逆転の発想を教えていただきました。

これが1番簡単でオススメ!「誰かと一緒にやる」

山倉陽平山倉:もしビジネスパートナーがいたり、身近な協力者がいれば、1人でやらずにチームでやるのがオススメです。私の場合は、起業家や士業の先生方と動画や音声を配信していますが、撮影する日とテーマを前もって決めてしまえば、必ずそのコンテンツは配信まで辿り着く事ができます。

よく「環境が大事」と言われますが、まさにその通り。1人ではなかなか続けられない事でも、「やる事が決まっている環境」をあらかじめ作ってしまえば、半自動的にコンテンツ制作に取り組む事ができますね!

 

「ネタを考えるのが大変」という悩みがなくなる方法

山倉:動画を撮ったり、ブログを書いたりしようと思うけど、日々テーマ(ネタ)を考えるのが大変。。。という相談もあります。そんな時にオススメしているのが、「お気に入りの本を読んで、その章の内容について自分なりに伝える」というもの。

起業家、個人事業主、社長さんは勉強熱心で、自分のビジネスに関係あることや、それ以外の本もたくさん読まれていると思います。特に自分のビジネスに関係ある本を読んでいると、いろんなアイデアが湧いてきたり、新しい気づきがあることが多いですよね。

そんな気づきを得た時にコンテンツを作るのが、1番モチベーション高く、かつ分かりやすく伝えられるとお伝えしています。好きな本や自分と関連性の高い本を読んでいれば、1章のうちどこかには「はっ!」という気づきが得られる場合が多い。

それをテーマに日々のネタ作りをしていく事もオススメです。

 

小さな積み重ねが自己成長とアクセスアップにつながる

山倉陽平山倉:いかがでしたでしょうか?情報発信を継続するための戦略づくり。どれか1つでも「これならできそうだ!」と感じられるものがあれば、是非実践していただければと思います。

ただどんなことでも1人で淡々とやり続けるというのは、なかなか苦しいもの。よほどストイックだったり、すでに成果が出ていないと、難しさはさらにアップしてしまいます。

「継続力がないのは自分のせいだ」というのは大きな間違い。続けられる環境づくりや、戦略設計が何よりも大事なのです。「自分が悪い」のではなく、「ただやり方を間違えているだけ」。もし一緒にコンテンツ作りができるパートナーが必要!という場合はご相談ください!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です